都会での仮暮らしに最適|若者から絶大な人気を集める街で賃貸物件|百聞は一見に如かず
女の人

若者から絶大な人気を集める街で賃貸物件|百聞は一見に如かず

都会での仮暮らしに最適

男女

マンション並に設備が充実

たとえば地方企業が東京進出を目指して都内に営業所を設立しようとする時、その準備に携わる社員は数週間、あるいは数か月間にわたって東京で生活する必要があります。このような場合は、しばしばビジネスホテルに連泊することで仮の生活拠点を確保します。しかしたいていのビジネスホテルは設備もスペースも文字通り「寝泊り」するための必要最低限のレベルにしかないため、必ずしも長期滞在に向いているとは言えません。そんな時に利用すると便利なのが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションは、月単位での入居が可能な賃貸マンションです。ホテル感覚で利用できますが、あくまでもマンションとしての設備を備えているため、高水準の快適性を備えています。

家具・家電の持ち込み不要

マンスリーマンションは通常の賃貸マンションと違い、敷金・礼金・仲介手数料などが必要ありません。会員制を採用している一部の物件では入会金の支払いが求められることがあるため注意が必要ですが、それども一般的な賃貸物件に入居するより初期費用はずっと安くなります。また、ほとんどのマンスリーマンションはベッド・テーブル・電子レンジ・洗濯機など、日常生活に必要な家具や家電が備え付けになっています。寝具や食器類のレンタルを行っている物件も少なくありません。初期費用が安い分月額の家賃は通常より高めですが、引っ越しの手間も不要であることから、数か月程度の利用なら便利かつお得な物件であると言えます。そのため、東京で初めてひとり暮らしをする新入生や新社会人が、東京でアパート探しをする間の仮住まいなどとしても利用できます。